退職金以外の資金も一緒に預けられる金融機関をいくつかご紹介します(上限あり)

「以外」を「ひとつ」にまとめてみる

退職金以外も入れられる銀行のリスト(上限有り)

退職金以外の資金も一緒に預入れできる定期預金(その1)

ほとんどの金融機関が定期預金の預入上限としているのは、
   「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」で証明できるお金です。
殆どというか 9割以上がこの条件を掲示しています。

しかし、仕事を辞めると、同時に満期になって手元に入るお金もありますよね。
できたら これも元手にできないかなと考えるのは、当然のこと!

このページでは、「以外」と「ひとつ」いうキーワードに注目してみました。

わたくしどものサイトでは、
「余力があれば、複数行に分割して預けましょう」と言ってきました。
しかし、分割するには手間がかかります。口座を開いて送金して・・となかなか面倒なもの。
時間的余裕があったとしても、結構な負担になります。
一方で、それを楽しんでいる方が多いのも事実です。

ひとつの金融機関にしぼってみよう

他のページで書いた事と相反した内容ですが、そっちは一旦忘れ「1行のみ」で考えてみましょう。 要は、どっちのやり方がご自分の性格にあっているか、なのです。

下記は「以外」もOKだが 一応上限が決められている金融機関の一部。(2016/01当サイト調べ)

>> 上限のないものをお探しの方はこちら

もっとたくさん調べたい方は、「退職金以外の資金」で検索してください。

「以外」を「ひとつ」に トップへ

  

戻る 退職金運用ガイド トップペ−ジ