池田泉州銀行 退職金 定期預金キャンペーンは2ヵ月ものながら よい条件だ。

池田泉州銀行 退職金 定期預金 一時預かりプレミアムプラン

>> 運用条件を早く見たい場合は コチラ

合併により2010年5月1日にスタートした、
  池田泉州銀行「退職金一時預かりプレミアムプラン」
2ヶ月ものしか無いのが残念だが、利息はボチボチだと思う。
下の試算結果を参考にして頂きたい。

最初の貯蓄としてパパッと参加し、その間に次の展開を模索しても良いのではと思う。

池田泉州銀行 定期預金 受取利息の試算(例)

“1,000をお預け入れの場合”
   1,000マンエン×2%×60日/365日=32,876切捨て 前
   ¥32,876から、15.315%の国税と5%の地方税を差し引く。
     32,876−(6,677) ⇒ 26,199切捨て 後

これが500だとしても、2ヶ月で ざっと¥13,000位になる計算。
どうしようか悩んでいるうちに 時間などすぐに過ぎてしまう。
                 最初の定期預金として、おすすめのひとつ。

池田泉州銀行の支店網

店舗は大阪府・兵庫県中心だが、京都・和歌山と東京にもある。
いまのところ、池田泉州銀行のホームページには対象外店舗の記載がない。
だが他行では東京が対象からハズされつつあるので、再度ご確認を。

※ 2014/3 追記 ・・ 東京支店が対象外となりました。

辞めて3ヶ月以内しか使えないし、早めの決断がポイントになる。 ← 1年に変更!

池田泉州銀行 おすすめ定期預金

満期後」の話になるが、年金予約で預入可能になる商品がある。
対象はもう「受給している」人ではなく、「これから」の方がターゲットだ。

55〜65才という年齢制限はあるが、「何年から受給開始」などという縛りは記載されていない。

2012年5月に池田泉州銀行へ確認したところ、普通の金利に『0.2%』が加算される。
いまどき、『0.2%』だって大きな数字だ。

池田泉州銀行 定期預金のまとめ

金利[年]
2ヶ月もの 2.0%(税引後 1.593%)
運用 資金
300万円以上で「受取額」の範囲内
販売期間
終了時期未定
運用 対象
受取後1年以内
年令制限
無し
定期預金 口座
開設 必要書類
「源泉徴収票」等
 
年金受取に
よる優遇
池田泉州銀行 定期預金には、予約者のみ優遇アリ
2ヶ月もの 2.5%(税引後 1.992%)
投資信託等
との組合せ
無し
 
運用プラン
>> 池田泉州銀行 定期預金
申し込み
窓口(東京支店 除く) >> 店舗検索

池田泉州銀行 定期預金の最新情報は、公式サイトにて再度ご確認ください。
販売条件などが変っている可能性もあります。

池田泉州銀行 定期預金の紹介 TOPへ

  

戻る 退職金運用 ガイド トップペ−ジ