実際に足を使って探し回らなくても 簡単に見つける 身近な銀行の探し方

みなさんは、どうやって見つけていますか?
実際に店舗へ行かなくても、簡単にできる 近くの銀行の探し方

「退職金 運用を比較する為に必要なこと」の続き

「銀行の探し方」の前ページは、こちらです。
  → 「退職金 運用を比較する為に必要なこと」

銀行の探し方:ネットでザックリと探し出す方法。

銀行をとりまとめている大きな組織、その公式サイトから下へと順に辿っていく探し方だ。

全銀協 (全国銀行協会) url : http://www.zenginkyo.or.jp/

 都市銀行・リテール系信託銀行・地方銀行・第二地方銀行のほとんどが会員になっており
 全国銀行店舗検索ができる。

 探し方は簡単。住所の一部を入れると、
       本店支店にかかわらず 存在する店舗の一覧が表示される。
 たとえば、
  「愛知県名古屋市」で調べた場合、100件位がヒットする。

 100件はあまりにも多すぎるから、表示される地図を見て 順番に絞っていく。
 地図なら店舗の位置もわかって、自分の行動許容範囲内か否かの確認もできる。
 ここだ!と思うところが見つかれば、リンクをクリックし銀行の公式サイトへと移動する。

全信組連 (全国信用協会組合連合会) url : http://www.zenshinkumiren.jp/

 全国の信用組合をエリア別に調べられる。
 各公式サイトへもリンクされているので、使いやすい。

信用金庫業界のポータルサイト(全国信用金庫協会) url : http://www.shinkin.co.jp/

 上記と同様、全国の信用金庫の地区別一覧があり、公式サイトへのリンク付き

全国労働金庫協会 url : http://all.rokin.or.jp/

 上記と同じような感じだ。

補足:キャンペーンへの力の入れ方は、地方によって偏りがある。

全国の金融機関を探し 比較してみて 気がついた事だが、
  退職金 運用 の金利は地域によって明らかに偏りがある。

理由は何か?と考えると。
  競争しているから?
    ある銀行がキャンペーンを立ち上げ、負けじ!と他行や信用金庫がそれに続いたのかも。
    しかし、『同じ金利』は競争とは表現しがたく、横並びは良い意味での結託としか思えない。
  違う金融機関なのに、キャンペーンサイトのページがほとんど同じところもある。
    条件だけじゃなく、載っているイラストまでが一緒!もアリ。素人には、また ナゾだ。

金利の良い地方の例として、「岐阜県」をあげてみよう。
  大垣信用金庫、大垣共立銀行、岐阜信用金庫、西濃信用金庫
  ここはホボ横並びで、どれも高金利だ。他の県と比べものにならない。

もう一つ 例をあげるなら、「九州地方」。九州というか、「福岡県」ががんばっているのだ。
  西日本シティ銀行、福岡銀行、福岡中央銀行、福岡ひびき信用金庫
  (見た目が同じのキャンペーンページは、この辺で見た記憶がある。)

ほぼ100%、店舗でしか申し込めないので、
よその地方の銀行は候補から除外するしかない手の無いが残念だ。

「銀行の探し方」の前ページは、こちらです。→ 「退職金 運用を比較する為に必要なこと」

銀行の探し方

  

戻る 退職金運用ガイド トップペ−ジ