退職金 運用 比較:〜商品と銀行を選んで比較してみよう〜

金融機関を使うのに先立ち
退職金 運用を比較するには
情報はたくさん溢れているのに、何処へ行くべきか悩んでしまう。
書いているのは、その第一歩!

経験者に聞く:退職金 運用を比較する為に必要なこと

自分にとってのベスト!は、何なのだろう。
       どの金融機関に決めたら良いのか (・・?

『BEST オブ ザ ベスト』を探し出すため、退職金の運用を比較してみましょう。

ある程度のリスクを背負えるか?  結果がマイナスになったとしても、
生活に影響は無いか? ココは大事な大事な比較どころ。

ハイリスクハイリターンな商品の情報は、世の中に溢れている。
  こういう物は、自分から探し出さなくとも不思議なことに相手から寄ってくる。

投資信託、個人年金
   この辺は、リスクも少なめに感じます。
   銀行や証券会社などのプロが、相談に乗ってくれるし、ある程度の比較予測も立ててくれる。

FX、株
   「少ない資金で短期間に大きく儲ける!!」そういう成功者がクローズアップされるが、
   誰もが そんな簡単にチャンスをモノにできるとは考えにくい。
   根気や潔さ、プラス! 何かを見極めるチカラが必要なのだろう。

この分野でおすすめの雑誌 >> ダイヤモンドZAi

上記のタイプの選択肢が比較の対象になるか否かは、読んでいらっしゃる方 次第。
(書いている本人には、手を出せない とても苦手な分野なのです。、)

ここから下は、
  リスクを避けたい方が、金融機関で運用する為の比較テクニック(やや大げさ・・(・.・;))

では、比較のために 安心でお得な 銀行や信用金庫を探しに行こう。

退職金の運用を比較するのに、最初に思い浮かぶのは、自分が預金口座を持っているところ。
  給与振込に使っていたり、カード決済に指定していたり、、いわば 馴染みの銀行だ。

お店の雰囲気やATMの使い勝手を知っていれば、ある程度 安心して 虎の子を任せられる。
比較の候補として、選びやすい。ここならいいかな〜と思うところもあるでしょう。

それでは、その銀行のホームページを開き、キャンペ−ンが有るか?無いか?チェックしましょう。

次に、自宅や勤務先の近隣に支店を持つ 身近な金融機関を調べる。

自宅から最寄の駅へ向かうルートを思い起こす。
  町の様子を思い浮かべていくと、そう言えば あんなとこが有ったな!と思い出すことも。

勤務先の近くなら、平日の休憩時間に行く事も可能だろうし、
  通勤経路やランチに行く町並みも ぼんやりと思い出してみる。比較候補に追加だ。

思いついたら、それらの銀行のサイトも、ポチポチとめぐって見よう。
  あとから もう一度見られるよう、『お気に入りに追加』も忘れずに。
  「退職金 運用 比較」のようなフォルダーを作り、情報をまとめておくのもポイント。

いちいち検索しなおすのも、時間の無駄だし、それ以前に忘れてしまう可能性もある。

ほしい比較情報のキーワードが入ったフォルダーならば、
  数多くのお気に入りが有ったとしても、後から見直す際に 判別しやすいだろう。

手始めは地方銀行から! これが 効率の良い探し方。

全国に多くの支店を多く持つ 大手銀行には、ビックリするような金利は望めないのが現状。

おすすめの調べ方は、
  まず 県内および隣接した県の 地方銀行、
    続いて 信用金庫、信用組合、労働金庫、と比較対象範囲を広げていく方法だ。

地方銀行の商品の条件が良ければ、信用金庫や信用組合にも同様な商品が有る可能性が高い。
  それらの中に、口座を持っている金融機関があればラッキー。
  たとえ口座がなくとも、支店やATMが近くにあるところはお勧めだ。

それでも比較しきれなかったら、ゆうちょ銀行と提携している銀行を選ぶ。
なぜなら、ゆうちょと提携していれば郵便局のATMで出し入れでき、資金を移動しやすいからだ。

これで、ほぼ ほぼ 対象は絞れ、先が見えて来ただろうか。

「銀行の探し方」に続く

経験者に聞く 運用 比較する為に必要なこと

  

戻る 退職金運用ガイド トップペ−ジ