便利なインターネットバンク/ガッチリ しっかり調べて ネット銀行もトライしてみましょう

インターネット銀行は意外に使える

話題のインターネット銀行は、実店舗のある一般的なところと比べると少し金利が良い。
「ホテルの宿泊代は、店舗を持たないじゃらんnetの方が安い!」のと同じ理由だろう。
どんな業務でも、人が動くとお金がかかる。
インターネットなら、窓口のお姉さんも フロア案内のおじさんも要らない。納得だ。

預け入れも引き出しも簡単なインターネット銀行に口座を作っておくと、
イザ!という時に便利に使える。

楽天銀行               ・・・体験レポート公開中!
新生銀行              ・・・こちらも恥ずかしながら、体験レポート公開中!
    ↑ この金融機関は、インターネットも実店舗も 両方持っている。

いくつか浮かぶであろう疑問に、経験からお答えします。(初心者向け)

店舗もないのに、どうやって口座を作成するの(・・?

   申し込みは、インターネットから。でも、一般の金融機関と同じように 本人証明は必要です。
   インターネットで簡単!とは言え、
     架空の人の口座は作れない。もしも 作れたら、かえって怖い・・

   インターネットでのお買い物と一緒?と想像すると、
   ポチっと簡単にできちゃって大丈夫?とご心配の方もおみえかと。

   さっきも書いたように、本人証明(確認)はちゃんと行われるんです。
   それがOKなら、初めて インターネットバンクに口座開設完了!となる。

   方法としては、「書類(免許証や健康保険証のコピー)を郵送」 もしくは
       「送られてくる郵便の受取時に本人証明をする」の2つのパターンを体験した。
   わたくしの未開拓のインターネットバンクも、たぶん 同じような方法だと思われる。

実際に店舗が無いのに、どうやってお金を入金するの(・・?

   楽天バンクの場合、事前に登録は必要だが、ゆうちょの口座から資金を移動できる。
   キャッシュカードも作って、ゆうちょ や特定のコンビニで入出金も可能。

定期預金の手続きは(・・?

   普通預金の口座さえあれば、インターネット上で簡単にポチっと定期預金の口座もつくれる。
    ここは、インターネットだから、慎重に慎重にログイン。
    何重ものセキュリティを介して、定期預金申し込み完了になる。

   満期が近づくと「お知らせメール」が届くのも、お金を遊ばせないための重要なポイント!
   この時点で『自動継続』から『解約』に変更(その反対も)可能なところもある。
   店舗の開店時間を待って わざわざ出向く必要もなく、
     夜間でも自由な時間にインターネットで手続き完了!

具体的な手続きは、体験レポート を参考にしてください。

便利な反面、インターネットという性格上、心配な点もあります。

自分でできる対策として、この二つは実行しています。
 1.パスワードは、定期的に更新する。(変更はインターネットから)
 2.ログインは、自分でブックマークしたURLから。
    メールに付いてくるURLからは、絶対にログインしない。
    悪意のあるメールが、本物そっくりの ニセURL へと誘導する危険性があるそうです。

また、
インターネットバンクによっては、口座管理手数料を無料にするための条件があったり、
   キャッシュカードの無料使用回数に制限があったり、
ということもあるので、前提条件はシッカリ読まないといけません。
「トクした」つもりでいて、手数料で「ソンしてしまった」ら、トホホです。

疑問に思った事をすぐに聞けないのはマイナス要素だけど、
      電話をかければ オペレーターさんが丁寧に対応してくれるので、人間も活用しましょう。

インターネット通販の支払いに活躍するネットバンクには、

楽天銀行ジャパンネット銀行などがあります。

インターネット銀行はいがいに使える

  

戻る 退職金運用 ガイド トップペ−ジ