退職金が振り込まれたら キャンペーンに預ける/ガッチリ調べて預けるのです

退職金専用運用プラン/キャンペーンに預け入れる

が振り込まれたら、いよいよ 目指す銀行へいざ!
運用プランを決めてあるのなら、言うまでもなく銀行の窓口へ行って、
特別な金利の口座を開くのみです。

>> 運用プランが決まっていないのなら、こちらで探す。

その後は、3ステップで完了!
  普通預金の口座開設 → そこへ資金を振込む → 専用の運用プランに預け入れ

退職金用の特別金利を適用してもらうには、何が必要か?

目指す銀行に 普通預金口座も有って、資金も入金済ならば、かんたん!!
しかし、この特別金利のプランに申し込むには、の証明書類が必要になります。

各金融機関ともに サイトやパンフに必要書類が記載されていますので、確認しましょう。
たいていは、
  「退職所得の源泉徴収票」などの、受取日と金額がわかる書類や
  「勤務先から振り込まれた口座の通帳」
の提示が求められます。

その証明書類は見せるだけでなく コピーされます。

そんな個人的な情報を金融機関に見せちゃって大丈夫?

この点は、みなさん それぞれに考え方があると思います。

個人情報が多く記載されている書類は、必要以上にはコピーされたくないので、
最低限 何が必要かを事前に確認しましょう。不明確な事柄は、直接 電話で聞く とか。
   「源泉徴収票」には、勤務先名や勤続年数・入社年月日までもが載っています。
   見せても良いけど、コピーされるのはちょっと抵抗が。。と個人的には感じました。

そういう事を『んーーー』と思う方は、得られる利息と天秤にかけ、検討してくださいネ。
わたしくの場合は、
『え〜〜〜???、イヤー(~o~)、でもぉ・・』と頭グルグルした末、お金が勝利!しました・・・
生活第一、せ に はら はかえられません。

申し込みは ほぼ100% 窓口限定(過去には一部ネットバンクでもOKだった)

店舗まで出向く日も、決めなくては!

せっかく良いプランを見つけても、
  近くに支店の窓口が無い場合は、残念ながらあきらめるしかないです。
  店舗はあるのに、「東京や大阪は対象外」とする 地方の金融機関も増えています。

そういう意味では、
  地元の銀行・信金や 全国に支店のある銀行にターゲットを絞った方が近道だと思います。

振り込まれたら

  

戻る 退職金運用 ガイド トップペ−ジ