退職の準備/ガッチリ調べて その日のために運用の準備をしましょう

退職までに準備しよう

優遇されている間に ちょっとでも増やしたいなら、やはり 事前の準備がモノを言う。

辞めるまでに時間がおありなら、
  いろんな金融機関の運用プランを調べ、「ここだ!」と思う銀行を振込先に指定しましょう。
それが 大切な「準備 段階」です。そう、『じゅんび』『準備』『ジュンビ』が大事!!

まずは、1.運用プランのリサーチ。
         → 2.最初に利用する銀行を決定
              → 3.そこの普通預金 口座を開設。
                   出し入れ し易いよう キャッシュカード作成もお忘れなく。

つぎの準備は、4.退職金の振込先をこの口座に指定。

何故なのか? を言うと、
  一部銀行では、自行を受取口座に指定すると、さらにオマケを付けてくれる事。
  勤務先から 一旦 別の銀行に振り込まれてしまうと、
    狙う金融機関への資金移動に 手間や振込手数料が必要になること。
    ※現金を引き出して自分で持っていく、という手もある。
      が、これは(確率は低くとも)別の大きなリスクが伴いますね。

という訳で、最初から振込先に指定しておくと 安心&簡単&お得 なのです。

会社を辞める前に、ここまで準備しておくのは なかなか大変なこと。
  他にも、後任者へ引継ぎや送別会・・・などなど忙しいとは思うが、
  自分のこれからのための準備ですもん、『利息』という名の報酬のために張り切りましょう!

ここまで準備しておけば、とりあえず勤務先から振り込まれるのを待つのみ。

余裕があれば、
  収入が無くなると 申し込みが難しくなるクレジットカードを選んだり、
                   (※この場合『ずっーーと無料!』というのが、選択のポイント!)

                  楽天ユーザーにお得な [楽天カード]年会費・入会金永年無料
                  年会費永年無料の電子マネー おサイフくんQUICPay

  インターネット通販の支払いにも便利な ネットバンクに口座を開設するのもお勧め。

当サイトで調べ準備したプランは、年令と資金で分類してあります。

   年令と金額による分類は →  上部 と下部に記載。
   銀行ごとの具体的な企画(50音順) → 右に記載。

運用までに準備しよう

  

戻る 退職金運用 ガイド トップペ−ジ