300万円以上の退職金:資金によるカテゴリー その3(1頁め)

ここでご紹介するのは、
300万円以上の退職金運用方法 プラン(1ページ)
金融機関が展開しているプランは、このあたりより上が メインターゲットのようで、
選べる範囲がグッと広がります。

退職金 運用方法 300万円以上 [1ページ]

多くの金融機関が預け入れ資金の下限に設定しているのが、この『300マンエン』だ。

勤続年数が少ない方には、ちょっとハードルが高いかもしれない。
定年の場合、退職金は2000マンエン前後という記事をどこかで読んだ記憶があるが、
その中で自由に使える割合を考慮して300マンエンという設定になったのだろうか。
住宅ローンの返済やら、再スタートのための資金やら、いろいろ必要になる!のが根拠なのか。

まぁ、退職金の運用方法はほかにもたくさん存在するから、
全部が全部 銀行にまわるというのは凡人の甘い憶測かもしれない。

かなり少数派ではあるが、中には「退職金以外でもOK」と言う金融機関も存在する。
貯蓄に余裕のある方には、そんな探し方も。ただし、繰り返しになるが、かなりかなりの少数派だ。

このカテゴリーで紹介しているのは、資金を300万円以上お持ちの方が使える運用方法。
  「100マンエン未満」+「100マンエン〜」+「200まんえん〜」+「300マンエン〜」
  という4つのカテゴリーをまとめたものだ。
  500マンエン以上の運用方法を狙う方は、金額にあったカテゴリーをお選びください。

ここから数ページに渡り キャンペーンの情報(抜粋)を掲載。
番号(ページ数)をクリックし、続きもご覧ください。

まずはプランの[抜粋版](金利・販売期間・対象者)を見て頂いて、
もっと詳しく知りたい場合は、
    それぞれの「○○○○の説明 続き」をクリックすれば 詳細ページが開きます。

札幌信用金庫の運用方法 プラン   [抜粋版]

さっぽろしんようきんこのコース

東京都民銀行の運用方法 プラン  [抜粋版]

とうきょうトミンぎんこうのコース

浜松信用金庫の運用方法 プラン  [抜粋版]

はままつしんようきんこのコース

京都銀行の運用方法 プラン  [抜粋版]

きょうとギンコウのコース

ページのTOPへ

  

戻る 退職金運用ガイド トップペ−ジ