みずほ銀行 退職金専用 定期預金 体験レポート

  1. ホーム
  2. 体験レポート
  3. みずほ銀行

円定期預金金利を優遇。6ヶ月以内にお受け取りになられたお客さまに

体験レポート:みずほ銀行 退職金定期預金特別金利プラン

みずほ銀行は6月末まで特別金利キャンペーンを行っていた。
その後、どうかしら(・・?とホームページをのぞいてみると、
   キャンペーンは継続していて、なんと(・o・)3ヶ月ものは金利が前よりもアップしていた。
他の、とある金融機関へ行く気マンマンで総合口座も準備済だったけど、そこでちょっと考えた。
みずほ銀行の高金利は1ヵ月間。
その後に元々予定していた金融機関に移してもOKではないか、と。。。

みずほ銀行 パンフレット

☆みずほ銀行
  第二のスタート応援プラン☆
 退職金定期預金特別金利プラン

【金利】
  1ヶ月もの 年利 4.00%
  3ヶ月もの 年利 2.00%
【資金】
  500万円以上
 
>>プラン紹介 続き

みずほ銀行の選択ポイント!

・全国的な金融機関で、支店やキャッシュコーナーが多いこと
・ 1ヶ月で年4.0%という、高金利であること
  この“4”という数字、なかなかお目にかかれないのだ
  (投資信託との抱き合わせではナイのに、高い)

step1 みずほ銀行の総合口座をつくる  2008年7月某日

資金を振り込むため、その受け取り用に総合口座をつくった。
みずほ銀行は、キャッシュカードを普通に作ると有料らしい。
「“なんとか・・”に入るとキャッシュカードが無料になるし、いろいろ便利ですよ。」と、スタッフの方からアドバイスを受けた。
無料ならばいいか。。と安易にその“何か”に入る。
結局、その“何か”は問題無さそうだが、“無料”に弱い自分の心理にちょっと危険を感じた。
                                             危ない、危ない、
“ギンコウの中”というシチュエーションも、守られているような 妙な安心感を与えるようだ。

≪みずほ銀行で口座を開くために持って行ったもの。≫
・ 本人を確認できるもの(健康保険証、免許証など)
・ 印鑑
・ とりあえず入金する現金100円(10円でもいいかも)

総合口座を開設しキャシュカードも準備

step2 みずほ銀行へ退職金を入金  2008年7月末日

別の口座から みずほ銀行の普通預金へ、資金を移送。

運の良いことに、ふたつの銀行のキャッシュコーナーが、かなり近くに設置されていたため、
汗をかきながら出金、続いて入金。
だが、一度に入出金できる金額が限られていたため、一度では全額を移動できなかった。。。

教訓、一度に入出金可能な上限額を、事前に確認しよう!

各行ともに、“振り込めサギ”対策で、上限の設定はキビシくなっている。
では窓口ではどうか?と言うと、
   高額の場合はスグには現金が用意できない場合があるそうだ。
   高額を現金で引き出したいときは、事前に電話でお知らせください、と言われた。

何百万円ものお金を扱った経験がないので、いろいろと学ぶことが多い(-_-;)

step3 定期預金に預け入れる  2008年8月初日

いよいよ、みずほ銀行で本来の目的である定期預金をつくる。
≪持って行くものは、退職金受け取りを確認できる資料≫
・ 退職金支払のお知らせ

源泉徴収票も見せたが、ここでもやはり個人情報は出来る限り提示したくないので、
源泉徴収票が送られてきた時に入っていた“退職金支払のお知らせ”というのを使うことにした。
確認用資料は、見せるだけでなく、コピーされるので、渡すデータは慎重に選びたい。

確認資料

step4 みずほ銀行 定期預金の満期  2008年9月初日

待ちに待ったというより、あっと言う間に 満期到来!
ドキドキ感は、初めての利息を受け取った時ほどではない。が、うれしい(^^)v
でも、1ヶ月なんてスグに過ぎて、忘れるとこだった。カレンダーにマークが必要ね。
みずほ銀行の定期預金は、自動的にスーパー定期に移行され、利息だけは事前に指定したとおり普通預金へ。
500万円 1ヶ月預けて“利息13,590円”。なかなかじゃん。

満期利息!!

step5 みずほ銀行 スーパー定期の解約  2008年9月初日

スーパー定期解約のため、窓口へ。2回目だから、馴れたもの(^_^;)
「これからの利用ご予定などもお有りでしょうが。。。」と問いかけられた気もするが、
忙しい店舗のざわめきの中 なんとなく聞き流して無事に解約完了!
ついでに、キャッシュカードでの引き出し限度額を、当初設定された100万円からアップ。

≪解約のため みずほ銀行へ持って行ったもの。≫
・ 通帳
・ 印鑑

こんな“タイショクキン定期預金渡り鳥(ふる〜っ)”みたいな人はワタシだけかな。
普通の人は、もっと長期的に今後の事を考えた方法を選ぶのかも。ま、いっか。
さて、次っと。( ..)φメモメモ

  なお、
    現在実施中の みずほ銀行のキャンペーンは、こちらで詳しく紹介しています。

    ここのページで紹介したような 高金利ではないのが、とても残念です。

みずほ銀行 体験レポートのトップへ

  

戻る 退職金運用ガイド トップペ−ジ