銀行 退職金専用 定期預金 体験レポート

  1. ホーム
  2. 体験レポート

自己紹介もあわせて

体験レポート:銀行の退職金 定期預金 運用 について

サイト運営者の紹介でもお話しているように、
退職金を運用する商品を調べ始めたきっかけは「わたくし本人のタイショク」でした。

上手に資金をまわして、例えば 株とか FXとか、増やしている方もおみえです。
しかし、わたしにはそういう系の才能がありません。
若いときならば、「ひょっとしたら出来るかも!」と淡い自分への期待を抱いたかもしれない。

ですが、そこそこの年令になり、
幾度と無く自分への期待に裏切られ、
過度の期待は意味のないことと悟ったわけです。

だから、『リスキーな投資』→『間違いなく大事な限られた資産を減らす』となるのです。

ここで公開している体験レポートは、
「預金保険の対象」とキッチリ書いてあった定期預金に限定しています。

金利は当時と変わっている銀行もあり、何年たっても当時のまま維持している銀行も。
たとえ 条件が多少変わっても、時間をかけて計画的に動けば、
この位の利息はもらえるんだなぁ と思って体験レポート読んでください。

「そこまでするか!!??」という友人もいましたが、大事なお金ですもんね。

やや照れながら公開している退職金 運用の体験レポートですが、
同じようなお気持ち&環境の方のお役にたてれば うれしく思います。

退職金 定期預金の体験レポートをまとめると・・

実際に渡り歩いた金融機関は、右上の一覧にある7行です。
1個づつ じっくり 全部読んで頂かないと、ドコから始まって 次はドコへ行ったの?
とわからなくなるかもしれません。

そこで体験レポートを振り返えり、どんな順番で行動したか!まとめてみました。
最後には、締めくくりとしての感想も書き添えています。

  1. step 1 体験レポート スルガ銀行
    もともと退職金は三菱東京UFJに振り込まれていたので、
    コチラには インターネットバンキングを使って一気に移動。
    手数料は「¥315」、安いような 高いような。
    でも窓口で頼むと「¥840」ですから、それと比較すれば かなりおトク。
  2. step 2 体験レポート みずほ銀行
    定期的な収入がなくなり、
    たとえ数百円でも余分に使いたくない!という想いが強くなった。
    自分の時間と体力を使って なんとかタダでお金を移したいと考え、
    ATMで出金 入金をコツコツ繰り返すこと三日間。続きは体験レポートで。
  3. step 3 体験レポート 大垣共立銀行
    「わたしって、大金を持ったプチVIP?」と思わせてくれたのが、ここだった。
    金融機関からヨイショしてもらえるのは、人生で何度もないだろう。最初で最後かな。
    ココでの資金移動も前回と同様の節約コツコツ型を実行し、3日間で完了。
  4. 番外 体験レポート スルガ銀行ANA支店
    それまでに受け取った利息にちょいとプラスして、
       「ANAのマイルが当たる」定期預金にチャレンジ。
    運だめし的な感じだったが、結果は・・・残念。やっぱり、くじ運とは縁遠いのだ。
  5. step 4 体験レポート 新生銀行
    ネットに口座をつくって ガバっと預けたのは、こちらが初めて。
    パソコンの前で 緊張してモニターと向かいあったのを、今でも覚えている。
    おっちょこちょいだし、思い込みが激しいし、何度も何度もヨシ!ヨシ!と確認した。
    この場合も、節約ケチケチ移動を断行。
  6. step 5 体験レポート 住信SBIネット銀行
    口座を開設し 準備万端だったのに、都合により預入は断念。
    何かのキャンペーンが始まったら即 申し込めるし、口座開設も無駄じゃない。
  7. 番外 体験レポート 楽天銀行
    「時々使うお財布」の感覚で利用している。
    上で稼いだ利息を一旦ここのテイキに入れるなど、活用しました。
    ゆうちょ銀行ATMで出し入れできるし、ネット通販の支払いに今も活躍。

体験レポートを通し、一番知りたいのは『いったい幾ら儲かったの?』

読んでみえる方の 一番の興味は、たぶん 実際の利息ですよね。

2008年4月末から12月初めまで、おおよそ7ヵ月半。
   元金500万円を使って受け取った利息は、3行あわせ、『¥65,946』

わりと好条件の(一般向け)定期預金に預けたと仮定しても、
     この金額に達するには5年近くかかります。

選択の重要なポイントは、預け先だけでなく 資金の移動方法も。

タダで移動する手段としてATMを活用したのですが、500万円動かすのに 3日間は必要でした。

かたや、日にちと労力を節約する方法は「振込」。これなら1回で終了。
ただし、手数料が必要になります。
   窓口だと、¥840。インターネットバンキングなら、もう少し安い。

第三者としてお勧めするのは「振込」ですが、
   まずはわたくしの体験レポートを読みながら じっくり検討してください。

ちなみに、この『¥840』を利息に換算しますと、ですね。
   500万円を2%で3ヶ月運用(退職金用の定期預金で)した場合の、4日分位に相当します。
わたくしがATMで奮闘した3日間と この4日分を、天秤にかけてみたら・・

長々とお読み頂き ありがとうございました。
   みなさまの体験レポートも 楽しみに待っています! ぜひ、お知らせください。

こちらも 参考になる 「mai-mama さんの体験談

体験レポート TOPへ

  

戻る 退職金の運用 ガイド トップペ−ジ